藤井保 瀧本幹也 往復書簡 その先へ
 
2021.10.30 sat-11.28 sun
13:00-19:00
水曜-日曜 開廊(火曜はアポイント制)

*コロナの影響もありますので、開催の有無や会期など、ご来廊前にHPでご確認ください。
*開廊時間が変更となっております。ご注意ください。








一枚の写真で人生が変わることがある。 藤井保のJR東日本「その先の日本へ。」という東北の原風景を捉えた作品。 藤井保と瀧本幹也の出会いの写真だ。 18歳の瀧本幹也は、その写真に心を動かされ藤井保を師と選び、 また藤井保は、瀧本幹也を弟子と選んだ。 それから29年の年月が経ち、ふたりは、今では師弟を超え、互いに刺激しあい、 更に、このコロナ禍での2年半にわたる写真による往復書簡を経て、 率直な意見を述べ合える関係である。



写真家 藤井保、瀧本幹也のはじめてのふたり展 『藤井保 瀧本幹也 往復書簡 その先へ』 ふたりの出会いから30年近く、師弟を超えた関係にフォーカスした 写真で対話する展覧会を開催いたします。



展示内容の方向性を探るべく藤井保と瀧本幹也は、2019年6月から、写真を主としたメー ルでの往復書簡をはじめました。日常で感じた些細な事、仕事の事、写真への考え方な どを互いに伝え合い、気軽に撮ったiPhoneやiPadの写真、未発表の過去作品などで やり取りが続けられました。 はじめた頃には、想像もつかなかった世界中を脅かす新型コロナウイルスの流行で余儀 なくされた生活の変化、そして藤井保の島根移住の決意、コロナ感染拡大の中で行われた 東京オリンピック、予期せぬことばかりの2年半でした。 この長期にわたる往復書簡は、写真は自分たちにとって何なのかを問いかけた時期でもあります。 互いの言葉と写真のやり取りの中で、本展において何を伝えるべきか、何度も話し合い、 ふたりの関係でしかできない『藤井保 瀧本幹也 往復書簡  その先へ』展がつくりあげられ ました。島根に居を移した藤井保は、本展のために40年以上にわたる自分の作品を、 ひとつひとつ見つめ直しながら展示作品を選び、瀧本幹也はそれに呼応するように新作を 含む写真で対話します。





2 年半にわたり続けられた対話の記録、 書籍『藤井保 瀧本幹也 往復書簡 その先へ』もギャラリーにて先行販売されます。

一般発売11 月8 日予定 / ブックデザイン: 葛西薫 / グラフィック社刊 / A5 変形 / 144 ページ / 本体価格 2,300 円+ 税